水虫の治療方法に昔から用いられている民間療法というものが数多くあります。当サイトでは民間療法により水虫が本当に解消されるのかを詳しくご紹介いたします。水虫でお悩みの方は民間療法と水虫治療薬の効果の違いをぜひご覧ください。

水虫治療と民間療法について

立ち仕事で水虫に?水虫の初期症状と水虫治療法

立ち仕事をしている方に多い皮膚病をご存じでしょうか。
立ち仕事といえば足の裏に豆やたこ、魚の目ができやすいというイメージがありますが、実は「水虫」にもなりやすいと言われています。

水虫は白癬菌というカビの1種が感染する事で発症します。
お風呂場などにカビは生えやすいですが、白癬菌もジメジメと湿っている所で繁殖しやすいのが特徴です。
立ち仕事をしていると靴を履いている時間が長く、靴の中が蒸れやすい状態です。

蒸れた靴の中は湿度が高いのはもちろん、温度も高い為、白癬菌が増殖しやすい環境が整っています。
ですので、立ち仕事の方は水虫にかかりやすいのです。

水虫になると、初期症状というものが存在しています。
初期症状としては、まず痒みを感じる方が多いようです。

白癬菌は皮膚のケラチンというタンパク質を溶かして、皮膚表面から角質層の中へと入り込みます。
この時、体の防衛反応によって痒みを感じます。

痒みが酷くなってから、また皮膚がジュクジュクとただれてから、病院に駆け込む方も少なくありません。
しかし、症状が進行してしまうと完治までに、長い時間がかかります。

痒みという初期症状を感じたら、早めに水虫治療を受けましょう。
水虫治療では白癬菌を取り除く為、抗真菌薬で治療を進めます。
外用薬と内服薬の2パターンがあり、症状や白癬菌が感染している場所によって、どちらで水虫治療を行うか医師が判断します。

外用薬には軟膏、クリーム、エアゾールタイプなどがあり、最近は使い勝手の良さからクリームタイプが主流です。
内服薬は症状が進んでしまった水虫や、難治性の水虫、また爪水虫の治療に用いられます。

水虫で病院に行くのは、恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。
ですが、多くの方が水虫治療を受けています。
まずは、本当に白癬菌に感染しているかどうか、検査する所から初めてみましょう。