水虫の治療方法に昔から用いられている民間療法というものが数多くあります。当サイトでは民間療法により水虫が本当に解消されるのかを詳しくご紹介いたします。水虫でお悩みの方は民間療法と水虫治療薬の効果の違いをぜひご覧ください。

水虫治療と民間療法について

うつる可能性や再発を防ぐために水虫治療ですべきこと

水虫治療にかかる日数は症状が現れた場所や進行具合によって異なりますが、第三者にうつる可能性や再発を予防するためにも原因菌の根絶は大切です。
そのためには医師が治療終了と言うまでしっかりと薬を使い続けましょう。
水虫治療では途中で治療を放置した結果、症状が再発して悪化するケースが多いのです。
特に素人目では綺麗に治っているように見えても菌が皮膚の奥で生き残っていると時間の経過で再発しやすいので、医師の判断を仰ぐことが重要です。
しかし家族と一緒に暮らしている患者は注意すべき点がまだあります。
それは家族内での感染です。
水虫菌は感染力が強く、自分が治っても周囲に水虫菌を保有している人がいればそこからうつるリスクがあります。
そうなるとまた水虫治療が必要になり、その治療期間中に家族が再度感染し、治った頃にまたうつされるという悪循環に陥るケースも想定されます。
つまり家族がうつるリスクを抑え自身の症状を完治させることが、水虫治療ではなによりも大切なのです。
そのための方法として推奨されているのが、使用するバスマットを別々にしたり同じスリッパを履かないなどの方法ですが、それらに加えて患者が五本指の靴下を履くとよりうつるリスクを減らせます。
なぜかというと水虫治療中は、知らず知らずのうちに菌に汚染された皮膚が剥がれ落ちるからです。これを家族が踏むとそこからうつる可能性がありますが、あらかじめ靴下を履いておけば家の中に皮膚が落ちる危険を防げます。
五本指の靴下自体も指と指を分離するので、症状の悪化を防ぐメリットがあります。
疑問点としてはその患者が履いた靴下の洗濯方法ですが、水虫の菌は洗濯機の中で繁殖するケースはほとんどないため、洗濯物を一緒にしたせいでうつる心配はありません。