水虫治療と民間療法について

水虫の治療方法に昔から用いられている民間療法というものが数多くあります。当サイトでは民間療法により水虫が本当に解消されるのかを詳しくご紹介いたします。水虫でお悩みの方は民間療法と水虫治療薬の効果の違いをぜひご覧ください。

水虫治療と民間療法について

水虫治療薬と民間療法について

水虫は人に知られるのが恥ずかしいと、感じる方が多い皮膚感染症の1つです。

特に足に水虫はできやすく、皮膚がジュクジュクと剥けたり、痒みや臭いがきつくなる事から、水虫=恥ずかしいと思う方が多いのです。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚や爪に感染する事で起こります。
悩んでいる方は意外と多く、日本では市販薬でケアしたり病院で治療を受けているという方は、約2000万人にも上ると言われています。
これだけの方が悩んでいる水虫は、国民病と言っても良いでしょう。

多くの水虫患者がいるという事もあり、民間療法も数多く存在しているようです。
特に有名なのが酢や塩を使った民間療法です。

酢や水を足が入るくらいのバケツにお湯と入れ、その中に約30分くらい患部を浸すという民間療法が残っています。
酢や塩は殺菌作用がある事から、白癬菌をこの民間療法で退治しようというのでしょう。
ただ、民間療法で水虫は完治するのでしょうか?

残念ながら酢や塩での民間療法では、水虫を完治させる事は難しいようです。
白癬菌は皮膚表面だけでなく、その下の角質層にまで入り込んでいます。
酢や塩は角質層にまで浸透できないので、民間療法だけで治すのは難しいと言わざる負えません。

ですので、水虫の症状を感じたら、水虫治療を始めましょう。
水虫治療は外用薬と内服薬での治療が基本です。
皮膚に白癬菌が感染している場合は、外用薬を塗る治療を行います。
爪に感染している場合は、外用薬では歯が立たない事から、体の中に抗真菌成分を取り込み、白癬菌を死滅させます。

水虫は白癬菌をしっかり死滅させないと、再発するケースが多いようです。
ですので水虫治療は時間をかけて行いましょう。

■水虫再発常習者は通販で薬を常備しよう
ニゾラールで水虫を改善
■イトラコナゾールが主成分
イトリゾール
■このお薬もおすすめです
テルビナフィン